メッセージ
あなたのみことばは, 私の 足のともしび, 私の 道の 光です.
詩篇 119:105

イエスキリスト長老教会 荒野教会
日曜礼拝メッセージ​

担当:清水孝弘

神の言葉を聴く事と、伝える事

 主日礼拝メッセージ 聖書箇所:使徒の働き10章23~33節 タイトル:神の言葉を聴く事と、伝える事 みなさんは神様の言葉を聴くとはどういうことだと思われますか。 また神様の言葉を伝えるとはどういうことなのでしょうか。 今日はこのことについて考えてみたいと思います。 今日の聖書箇所は以前お話したペテロとコルネリオの出会い場面の続きです。 彼らはそれぞれ常識を持っていました。 ペテロの常識はユダヤ人としてのそれです。 彼は異邦人と親

続きを読む »

良い時も悪い時も

主日礼拝メッセージ 聖書箇所:詩篇9篇1~10節 タイトル: 良い時も悪い時も この詩篇はダビデが記録した詩篇です。 ここでダビデは、以前勝ち取った勝利について語ったのち、それはすべて神さまの力であったことを大いに誉めたたえています。 そして今あらたに敵が目の前に迫っており、かつて自分を救い出したと同じ助けを神に乞い求めている詩篇です。 今日見るところは、ダビデが以前神さまの力で勝利を勝ち取ったことについてです。 ここから良い時も悪い時も主

続きを読む »

苦難を通して神様を知る

主日礼拝メッセージ 聖書箇所:詩篇27篇1~5節 タイトル:苦難を通して神様を知る 最近「主がしてくださいました。感謝します。」と言ったこと、あるいは思ったことはありますか。 私たちは普段生活する中で何か良いことがあれば、「主がしてくださいました。感謝します。」と抵抗なく言えると思います。 今日の詩篇のダビデのように「主は私の光、私の救いです。」という言葉に同意することもできるはずです。 しかし周囲の状況があまり良くないときに、今日のダビデ

続きを読む »

終末を望み見て生きる

主日礼拝メッセージ 聖書箇所:ヨハネの黙示録22章1~5節 タイトル:終末を望み見て生きる。 車の運転をしていると、時折危なっかしい運転をしている人を見かけます。 一体どんな人が運転しているのかと気になって信号待ちの合間に見てみると、前かがみになりながら必死にハンドルを握っています。おそらく初心者ドライバーなのでしょう。 普段運転をされる方はよくお分かりになると思いますが、前かがみになると視界が狭くなり、視線も近くの方に向かいます。運転にお

続きを読む »

自分の常識よりも神に従う

主日礼拝メッセージ 聖書箇所:使徒の働き10章1~23節 タイトル:自分の常識よりも神に従う 使徒の働きには色々な出来事が記されていますが、その中でも三つの大きな転機となる出来事があります。 一つ目は、聖霊降臨です。 聖霊が降られることによって、本格的に教会は始まりました。 これは外すことができない出来事です。 二つ目はダマスコでサウロが天上のキリストと出会ったことです。 彼はクリスチャンの敵でありましたが、キリストと直接出会い、異邦の民へ

続きを読む »

教会の一致

主日礼拝メッセージ 聖書箇所:使徒の働き9章17~31節 タイトル:教会の一致 あるキリスト教のラジオ番組で牧師がこんなことを話していました。 ある日新しく教会に来られた方について信徒さんたちが「何かまた変わった人が来たわね。」と言っていたんです。その時わたしは「いやいや、あなたも相当変わってますよ。」と思いました。「でもそういう牧師が一番変わっている。私を含めよくこの人たちをベストメンバーとして選んだものだ。」と思いました。 みなさん。わ

続きを読む »

ただ一人の王を見上げて

主日礼拝メッセージ   聖書箇所:使徒の働き17章1〜9節  タイトル: ただ一人の王を見上げて 教会にはこの世で常に試練があります。悩みがあります。 しかしどんな状況になっても私たちは信仰を捨てず、どんな形であっても礼拝を守る教会でありたいです。 かつて、パウロが伝えた福音を受け取り信じた人々の群

続きを読む »

神はわれらの避け所

主日礼拝メッセージ  聖書箇所:詩篇46篇 タイトル: 神はわれらの避け所 わたしたちは何の上に立っているのでしょうか。 何を避け所としているのでしょうか。 ネットやテレビのニュース、近所のうわさ話ではないでしょうか。 大阪の感染者が増えるたびに「また増えた。。。いつ自分の近所にやってくるかわからな

続きを読む »

主に用いられる人ルデア

主日礼拝メッセージ 聖書箇所:使徒の働き16章11〜15節 タイトル:主に用いられる人ルデア みなさんは主に用いられる人はどんな人だと思われますか。 今日の聖書に登場するルデアという人は主に大いに用いられた人でした。 彼女とパウロ一行の出会いは、ピリピに教会を誕生させました。 今日はこの箇所から主に

続きを読む »